スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地元のパワースポット 分杭峠 ~ゼロ磁場 その2

全国的に知名度が上がったお陰で、地元が潤っている
と、思いの方も居られるでしょうけれど、実は今のところ地元にはあまりメリットはありません。 伊那市には、高遠の桜、長谷の山と、大勢の観光客、登山客が訪れる定番と言えるスポットがあります。
しかしながら、ブームの最中とは言え、ゼロ磁場の集客規模は、それらとは比べものにならないくらい小さなものです。
一過性のブームに終わるのか、それとも、定番の観光(?)スポットと成り得るのか、そこの所が微妙なうちは、大きな投資がし難い。
また、リピーターの多くは、観光地化を望んでいないことも確かですので、直接的な商売につなげにくいのです。
例えば、飲食物を売る出店みたいなものを置いてよいのか。単純にブームに乗って儲けようと思えば、それが一番手っ取り早いのですが、それによってリピーターが去ってしまえば本末転倒もよいところです。

また、『ゼロ磁場』と銘打つのは良いが、温泉などと違って効能をうたうわけにはいかないと言う問題もあります。
ですので、現時点では、慎重に動向を見守り、地道に育てていくのが一番良いと言うことになります。
(市自体は、第三セクターに管理その他を丸投げしているので、無責任に金儲けしろ金儲けしろと言っているだけのようです。伊那市政の体質は基本これ。口だけで自分たちは行動しない。)

かと言って、観光客はやってくる。
場所が場所だけに対応だけはしっかりしないと、大事故に繋がりかねません。
後述しますが、実際、安全面では不安だらけの場所です。

そんなわけで、保守管理に結構高額な費用が掛かっているので、三セクの社員はそれをどう工面するかに頭を痛めているのが現状です。


バス発着所

ここが、気場近くの駐車場だった場所ですが、ご覧の通り、普通自動車は10台も止まれないような狭さです。
周辺は崖ばかりですから、拡張することも出来ません。
また、ここに至る道は峠道ですから、すれ違いも難しいような狭い道です。路上駐車なんてされた日には交通がストップしてしまいます。
その為、現在では、乗用車乗り入れを禁止し、麓よりシャトルバスを運行しております。
(これにも文句をつける人は耐えないようで・・・どうしてそこまで自分勝手になれるのか不思議。)

気場への道

気場へ至る道は、砂利を敷き詰め、手すりも設置しておりますが、

気場周辺

ご覧の通り、気場周辺は木と木の間にロープを渡すのがせいぜいで、足元は大変悪いです。
間違っても車椅子は使えません。
また、写真で見るよりも傾斜がきつく、雨が降っていなくても地面には水気があります。健康な人でも慎重に歩く必要があります。
要するに、基本、整備されていない山道なのです。

これも、じゃあ整備しろと言えるかと言えば、それを嫌う、このままの状態が良いのだと言う人も結構な数いますので、難しいところです。


ここ以外にもう一箇所、観光客が目指す場所があります。

水汲み場

それがここ。

取水口

岩から湧き水が出ている場所があり、皆さん、ここで水を汲んで行きます。
10リットル、20リットルと言う大きな容器、人によっては50リットル以上の容器を持ってくる方もいます。
(ただし、20リットル以上の容器はシャトルバスに持ち込む時に追加料金がかかります。)

バス発着所からは、10分から15分くらい歩きますが、こちらは、もともと、この奥にある「浦」と言う集落への連絡道路だったため、舗装こそされていませんが、結構整備されていますので歩きやすいです。

飲料水ではありません

くれぐれも生では飲まないこと。
大腸菌も検出されていますので、生で飲めばどうなるかわかりませんよ。
笑ってしまったのが、「この水を飲んだら便秘が治った」「毒素が出た」と喜ぶ人がいるらしいこと。
それは腹をこわしただけだと思うのですが。

気場を通った水なので効能があると言う理屈だと思うのですが、それなら飲料用として売っているゼロ磁場ミネラルを買った方が良いと思います。


観光客が汲んでいる場所より、遥かに深い場所から汲みだしているのですから、上記の理屈で言えば、こちらの方がずっと効能は高いと言うことになるでしょう。

私も飲んだことはありますが、効能はわかりませんでした。
コンビニなんかで売ってるミネラルウォーターよりはうまいのは確かですが・・・

あ、そば打ちを趣味でやっている人が、この水でそばを打つと大変出来が良いと言っているのは聞いたことがありますね。


ここはもう一つ問題があって、実は、ここに至る道、常に崩落の危険があるのです。

小崩落

先ほどの場所へ至る途中。


崩落現場

先ほどの場所より、ほんの少し先。


夏に行けば、涼しくて気持ちの良い場所なのですが、行くならば、危険を覚悟して行って下さい。
(ここも、法面工事なんかしたら、「気が滞る」なんて言われるんだろうな。)



割りとネガティブな事ばかり書きましたが、神様気分でやってきて、あれこれ文句をつける「お客様」がいますので、それなら、地元としては「来て頂いている」と言う思いはありませんよ。むしろ「来なければ来なくてよい」くらいの気持ちしかありません。
と主張しておきたかったのです。

ごみのポイ捨て。
トイレの寄付金泥棒。
違法駐車。

「立ち入り禁止にしてしまえ!!!」
と言っている地元民も少なくないことをご理解ください。
















コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

gerpike

Author:gerpike
長野県南部(伊那市)在住。

仕事はITあれこれ。

2006年11月に新居完成、と同時に薪ストーブ生活スタート!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
薪ストーブ関連だったり、そうでなかったり、巡回させていただいているリンク集
このブログをリンクに追加する
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。