スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これはまずい


薪棚1号、2号に、薪を積んで数ヶ月。


薪棚が・・・


横から見た画像。
これだけではわかりにくいのですが・・・

左手に傾いている


上の方に積んだ薪が、画像左手、壁の反対方向へ傾いています。

下には長い薪、上には短めの薪が積まれているのですが、
角度的にも、左手下方に傾斜しています。

もともと、精密に水平を出したわけではない土台に、これまた若干傾いだ棚を置いたのですから、
少しくらい傾くのは予想していました。

薪の重みで安定する事を期待していたのですが、
どうやら見通しが甘かったようです。

重心がずれてしまい、乾燥して軽くなった薪が、画像左手に滑っている。

とりあえず、応急処置として、奥(壁側)へ押し込みましたが、
日を改めて積み直しするつもりです。


それとは別に、押してみた感覚で、だいぶ薪が軽くなっているのがわかりました。
積んだ時には、重みで安定していたものが、
今回は、簡単に動き、薪積み全体が不安定に揺れるのです。

確か4月初旬辺りに積んだはずですので、約2ヶ月半。
順調に乾燥はしているようです。

積み直しは手間ですが、乾燥促進になることも期待して、やってみることにします。

コメント

屋根のポリカ?の向きがぎゃくでは?雪止めのためにしているのかな?
箱は一度傾きを直してから、すじかいを入れると強度が増しますよ、少し生意気なコメントですね、すみません。

我が家は薪が置けそうな所に適当に山積みしているだけなので、このような棚を作らなければと思っています。
これはgerpikeさんの手作りなんですか?すごいですね。
参考までに外道sさんのいうポリカとは、波々の屋根のことですか?
向きが逆というのは波の方向の事?
DIYに弱い私には色々勉強しておかないと・・・。

この波板は90度回転さすと
雨が流れてよくなりますよ

薪が崩れてきたのは
乾燥の影響もあると思いますよ
乾燥によって形が変わりますから
うちのいろいろな木を置いた薪棚は
木によって乾燥の時間が違うので
うまいこと積まれなくなってきています

積む薪が形が色々だから
水平はあまり関係ないかなぁ

>外道s さん

お察しの通り反対です。
恥ずかしながら、ポリカを購入した時の懐具合の関係で、こうなりました。
正しい向きで貼ると3枚、逆だと2枚で済んだもので・・・

筋交いやっぱり要りますよね?
このままだと、棚自体がばらばらにならないかと不安です・・・


>写風人 さん

素人でも、やっつけ仕事でなんとか出来るのがDIYなんですね。
自分でやってみてわかりました。
素人なのはいかんともしがたいのですが、
せめて、丁寧に作らないとダメなのも身にしみてわかりました。


>northin さん

今なら、もう少しお金だして、順方向に貼るのになあ・・・
・・・いや、今はだめか、今季toto連敗中だしな・・・

乾燥前の薪の写真を撮っておいたのですが、
今となっては、どの薪だかわかりません。
ナンバリングしなくても、わかるだろうと高をくくっておりましたが、
予想以上に変形してますね。
色も変わるし、これはわからない。

水平は、この置き場所に限っては重要です。
じょじょに、雨などで削れて傾斜が出ているのですよ。
崩れそうでひやひや。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

薪は多少はくずれるもの

こんにちは。ストーブワールドポータルサイトから来ました。

波板は綺麗に切るのが大変ですね。ポリカはまだしも、
塩ビの強化波板は割れやすくて難しいです。耐候性からも
ポリカがよかったです。

傾斜を横流れにしてしまえば、波板は長いままで勾配が
つけられます。利点は薪棚の横に雨や雪が落ちるので、
上に雪が積もったときに薪棚へのアクセスが安全です。
もう一つは薪棚の前の地面が濡れないので、地面の崩れが
防止できるかもしれません。雨どいをつける方法もありますが、
片流れの方が楽です。ただし、雪の多い地域では雪が
載ったままになりやすいのが難点です。

薪棚が土台から傾いてきたら、応急処置としては
車用ジャッキで持ち上げながら土台の下に載石を
入れ直したり、木のクサビを打ち込む方法があります。
私は単管の重量級薪棚でそれをやりました。やっぱり
地面が雨で濡れるといくら載石を敷いても沈むようです。

ところで、薪の傾斜をみると、後列が手前方向に倒れ込んだ
のですね(方向は薪棚を正面から見た場合を想定)。
普通は手前の列の手前側が太陽光で極端に
乾燥するために、オーバーハングのように薪の上側が
手前にせり出してくるのですが、今回は奥の列なのが
ちょっと不思議です。薪が崩れるほどには薪棚も傾いて
いませんし。

ということで、理由がいまひとつわかりませんが、
私なら、次に薪を奥側に引っ張り出して適当に
バランスをとり、土台にはそれ以上崩れないように
クサビを打ち込んでおくと思います。次に薪棚が空に
なった時に直せばいいのではないかと思います。
側面に筋交いを入れるのは、現状でも簡単にできるので
さっそくやっておくと良いです。

まめな人は薪を前後180度いれかえて並び替えを
するそうです。さらに人によっては上側の薪と下側とを
交換するそうです。均質な乾燥には確かにそれが一番です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

gerpike

Author:gerpike
長野県南部(伊那市)在住。

仕事はITあれこれ。

2006年11月に新居完成、と同時に薪ストーブ生活スタート!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
薪ストーブ関連だったり、そうでなかったり、巡回させていただいているリンク集
このブログをリンクに追加する
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。