スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堅いの種類



寒さが戻って喜んでいるのは、スキー場関係者か薪ストーブオーナーか。

買った薪ですけれど、薪が潤沢だと、「ほれほれ、もっと寒くなれ」なんて考えます。

朝目覚めれば、寒くても18℃
そのまま車で通勤し、社内にいれば、外がいくら寒くてもわからない。

そんな生活で、寒さを実感するのは、帰宅後の薪割りです。

月曜日からこちら、寒さの戻しに加えて、強風のせいで、薪割りしていると、頭が強烈に痛くなる。
ズキズキではなく、ガンガン。

あー
小学生のころ、泣く泣く、早朝の田んぼスケート(学校命令で強制参加)に行っていた頃の、あの痛みだ・・・
スキーと違ってですね。
早朝日陰の田んぼスケート場は、いくら滑っても暖かくならないのですよ。
ゆるむスケート靴の濡れた紐を結ぶ手がかじかみ、靴下はびしょびしょ。
冬場は常に霜焼けでしたよ。
・・・それでも、さぼれば怠け者扱いされる為、親に叩き出された朝の5時30分の寒さ・・・

ああ、なんか暗くなる、嫌な寒さ。

薪割りも30分が限度です。

素性の良い薪ならば、30分でもそこそこ割れるのですが、今割らなければならないのは桜。

腐朽菌が回っている場所が目に付くので、さっさと割って乾燥させなければなりません。
(腐朽菌は、割って表面を乾燥させれば、進行が収まると聞いたのですが、正しいでしょうか?)

この桜、観光地の鑑賞用ですから、剪定が繰り返されています。

ですから、大抵こんなの。
節がまっすぐ

節が入っていて、一発では割れない。


しかも、管理が良いのでしょう、腐朽菌にやられていない部分は、ぎちっと詰まって、実にしっかりと堅いです。
節あり、洞あり

で、節も洞もある。

『割る』ではなく、『叩き割る』。

それでも、クサビは使いません。
ケヤキと格闘した経験から、「この程度ならいずれ割れる」と気長に叩けるようになりました。

ケヤキは『裂く』でしたからね。
なんぼ力を入れようと、斧じゃ裂けません。

桜薪を焚いた匂いはどんなだろう。

聞くところによると、桜の煙の匂いを好むのは日本人くらいだそうで。
日本では、燻製にも桜チップを喜んで使いますが、欧米では、『なんであんな臭いもの使うんだ、日本人は』扱いだそうです。

印象なのでしょうかね。
日本人の桜への愛が、桜の煙の匂いまで好ましく思わせるのか・・・

さて、来期の冬が楽しみだ。

テーマ : 薪ストーブ - ジャンル : 趣味・実用

コメント

「早朝の田んぼスケート」・・・?
私の住んでいる岡山では全然解りませんが、朝の田んぼでスケートが出来るほど氷があるのですか?
桜を薪にしているのですから文句を言っていると罰が当たりますよ。

桜にケヤキとは燃やしてしまうのは勿体無いような樹種ですね。こちら京都も感の戻りで寒くまだまだ薪ストーブが頼りです。奈良東大寺のお水取りも終わろうとしているのに。

桜も堅いですね
ぼくも何度も叩いていますよ
そして割れなかったら
その木は次回に回しています

春になれば薪割りのシーズンですね
僕も頑張らなくては

桜は薪ストーブに投入した時の
香りがいいですね

早朝田んぼスケートですか?そういう地域特有の行事は残していってほしいですね。
当事者は嫌でしょうけど、そんな辛くて厳しい体験がなくなっていくんでしょうね。

我が家は桜がメインですが、ほのかな香りがたまらなく心地よいと思っていましたが、日本人だけだとは知りませんでした。今度欧米のお客さんが来たら聞いてみよ!

>外道s さん

今では、こちらでも見られなくなった、20年前の風物詩です。
夜明け前から、朝8時くらいまで、大人が乗っても割れない厚い氷が張りましたよ。
8時くらいになると、氷が薄くなり始め、わざと薄い所を滑るスリルを味わい、氷を踏み抜く子ども、これも風物詩でした。

桜。
正直、割るのがもったいないです。
木工の腕があれば、何か造りたいくらいにきれいなんですよ。
赤い部分が多くて、締まっていて。
 節も多いので、大きい物は作れないでしょうけれど。


>路進 さん

ご高覧ありがとうございます。

その代わりに、上物とされる、楢、クヌギは手に入りません。
本来、木工、建築に使われるような木ばかり・・・
これは贅沢なんだかどうなんだか、悩みます。

京都はそろそろ水がゆるむ頃ですよね。


>northin さん

堅いですねー。
同時に松を割ったら、あまりの手応えの無さに、ふらつきましたよ。

買った薪に、たぶんこれが桜だな?ってのはあるんですけれど、何分、一種だけ焚いて匂いを確かめるほどはないんですよね。

薪割りはオールシーズンじゃないんですか?
割りたいときがシーズン!って、1年中。


>写風人 さん

無くなった原因は、やはり、氷が張らなくなったせいでしょうね。
ちょうど20年くらい前に廃れました。
当事者はつらいですよ~
でも、当時、この辺の子どもはみんなスピードスケートの滑りができました。
上手い下手はありますが、あの千鳥足のコーナーリングとかですね。

なんでも「桜」と付くと良い物だと思うのは、やはり日本人特有の感覚ではないでしょうか?
桜を世界一愛する日本人ならではの。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

gerpike

Author:gerpike
長野県南部(伊那市)在住。

仕事はITあれこれ。

2006年11月に新居完成、と同時に薪ストーブ生活スタート!

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
薪ストーブ関連だったり、そうでなかったり、巡回させていただいているリンク集
このブログをリンクに追加する
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。