スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来期はどうしますか・・・

薪の保管場所、チェーンソー作業含む薪割り場所に困るのは、何も都会に限りません。

田舎暮らしも、それこそ山のすぐそばに行かなければ、案外、遊んでいる土地って無いものです。
来期以降、薪の保管場所、作業場所はどうしようかと、今から悩ましい。

庭の惨状

現状の庭の様子です(クリックで拡大)。

えーと・・・
たしか、庭は70坪くらいなのですが、ご覧の通りです。
(いえ、もちろん、整理すればこんなに散らかりはしないのですけれど)

問題は、画像の上部、土の色が黒い部分ですが・・・

ここ、木を植えたり、家庭菜園にする予定のスペースなんです。

もともと畑だった場所を、宅地に転用したのですが、土壌の入替をする際、「どうせ木植えたりする場所は、土の入替しなくてもいいだろう」っとそのまま畑の土が残っているのです。

ですから、来期以降、薪作り、薪の保管に使えるのは下部、茶色い土の部分だけとなります。


割ったケヤキを棚に積まず、野ざらしにしているのは、割ってすぐ積むより、乾燥が早くなり、カビなどが生えにくいと聞いたからなのですが、来期はこの手が使えないかもしれません。


さらに、薪棚の設置を考えなければなりません。

現在、家の西側(写真の庭は南側です)に2棚あるのですが、後5棚はほしい。
西側には、もう薪棚を置くスペースはありません。
東は玄関がありますので、その周辺に置くのは避けたいところ。
残るは北側なのですが・・・
薪の乾燥を考えたら、適地とは言えず、置いたとしても1棚。

必然的に、南側庭に、置かねばならないのですが、置いたとしても、せいぜい2棚~3棚。

作業効率は悪くなりますが、小さめの薪棚を幾つも作り、あちこちに置くことになるかもしれません。

土地が無いわけではないのですが・・・、東隣150坪、西、田んぼを1枚挟んで200坪が父親の土地です、・・・全て畑です。
凝り性の父は、仕事を辞めてから、だいぶ畑に入れ込んでいますので、「薪を置かせてくれ」とも言えません(言っても何の答えも返ってこないのは目に見えている)。

車で15分ほど行った所にも、母親の土地があるのですが、そちらは住宅地、チェーンソーを使うわけには行きません。


やはり、一番現実的なのは、『山を買う』ってとこでしょうか。
一町歩もあれば、薪材確保、薪作りに十分な広さだと思うのですが・・・

コメント

これだけ広いと
贅沢に薪を置けると思ったら
そうでもないんですね

僕は薪棚を隣の家との塀代わりにしていますよ
今年はさらに延ばし
2重にしようかなぁと思っています
あと野球のバックネット代わりにもなっています

アートやオブジェの感覚で
薪棚を作っていかれたらどうですか

我が家もまとめて置ける場所がないので、3ヶ所に分かれています。切って割るといった作業よりも、入れ替えに労力を使い果たしてしまうくらい面倒です。次に家を建てるんなら、薪中心に設計しないとダメですね。

私も今年は薪棚を増やそうか?悩んでいます。
少しでいいから、近くに山が欲しいですね。

>northin さん

私も、垣根がわりに薪棚を置こうかな、と考えています。
もっとも、両隣には家がありませんけれど。

周りが開けている分、チェーンソーどころか、クサビを叩く音すら、結構近隣に響くのです。
目隠しと言うより、防音効果を期待できるかなと。


>写風人 さん

心配しているのはそれなんですよね。
積み替えや、家への搬入等で、余計な手間を取りたくないな、と。

今、家を建てるなら、絶対に薪棚を中心にしますね、確かに。


>外道s さん

山!
もう、切実に山がほしい!
薪の事だけでなく、整理された里山を自分で作りたいと言う気持ちもあります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

gerpike

Author:gerpike
長野県南部(伊那市)在住。

仕事はITあれこれ。

2006年11月に新居完成、と同時に薪ストーブ生活スタート!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
薪ストーブ関連だったり、そうでなかったり、巡回させていただいているリンク集
このブログをリンクに追加する
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。