スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事前準備

6月中旬に竣工した家も、10月中旬にはそろそろ外観は整い、内装を行い、完成には後1ヶ月と言う頃・・・

わたくしは青くなっておりました。

薪ストーブに関して、知識を詰め込んだところ、どうやら、一冬に必要な薪の量は、当初考えていた200束、1.5t程度では到底足りず、寒さの厳しい冬であれば、600束、4~5tは最低限必要なのではないか?と分かったからです。

私の在住する長野県中部は、「寒すぎて雪が降らない」と言われるほど寒い地域で(まあ、実際に雪が降らない理由は別なんでしょうけど)、北海道並みとは行きませんが、本州では指折りの厳寒地です。
実際、東北から京都まで、「うちの実家は寒いよ」と豪語する他県出身者が、冬になると涙目になり、「こんなに寒いところには住めない」と言っています。

そんな土地ですから、「一冬でこれくらいは使うよ」と言われる、他地域の方の消費最大量を上回る量の薪の確保が必要なのは自明です。

今年の分は仕方ない。
幸い、暖冬かと思われるほど暖かく、引越し、新居で生活するのも12月、12~4月までの薪があればよい。
その中で、フルに24時間燃やす期間は、良いところ20日程度でしょう。

施工会社の社長も、薪の斡旋をしてくれると言うし、建築廃材も分けてくれるとのこと。
当然、廃材となれば針葉樹ですが、もともと、広葉樹にこだわる気はなかったのです。ありがたく主力選手として活躍してもらうこととしました。


さあ、問題は来年以降。
「家が建ってから」とかのんびりしていられません。
折りも折り、近所の森林組合で、原木の放出市があると言う。
「広葉樹軽トラ1杯4000円」
まだ、高いか安いか判断できるほど情報がありません。
「森林組合ならぼったくりもすまい」と言う予測のもと参加しました。

当日は朝10時スタートのところ、現場に10時半くらいに父と到着。
軽トラは近所の方に借りたのですが、これがマニュアル車、私の免許はAT限定です。
父には運転手として付いてきて(連れてって?)もらいました。

着いてみる、予測を上回る人・・・
文字通り山と積まれた原木がみるみる減ってきます。
しかも順番待ちの軽トラが3,4台停まっています。

組合の方に話しを聞くと、早い方は8時から並んでいるとのこと。
順番待ちの列が連なり、交通を阻害しそうなので、やむなく9時にスタートしたとのこと・・・

ここでも甘かった・・・
こんな事で薪ストーブオーナーとしてやっていけるのかと不安になりましたが、ともかく、順番を待ち、原木を積み込みます。

樹種は、ニセアカシア、柳、サクラ、白樺・・・他、正体不明の樹多数。

一般に上物と言われるナラ等は分別され、森林組合で薪にして販売しているようです。

ともあれ350Kg程度の原木を入手。
翌日も開催されていたので、参加し、同じく350Kg程度入手しました。

併せて、ナラの薪、1束400円を100束入手。
・・・実はこれ、他にもっと安く手にはいるところがあり、ちょっともったいなかった。

この時点での薪ストーブの値段

薪 1束400円 X 100束 = 40、000円

原木 軽トラ1杯(350Kg程度)4、000円 X 2杯 = 8、000円


計 48,000円

内訳

薪・原木 48,000円

テーマ : 薪ストーブ・費用 - ジャンル : 趣味・実用

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

gerpike

Author:gerpike
長野県南部(伊那市)在住。

仕事はITあれこれ。

2006年11月に新居完成、と同時に薪ストーブ生活スタート!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
薪ストーブ関連だったり、そうでなかったり、巡回させていただいているリンク集
このブログをリンクに追加する
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。