スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薪の消費量を記録して見る。

薪ストーブを本格的に使用し始めて3週間余り。

F400の癖や、我が家の暖まり具合などが分かりかけて来た今、薪の消費量を定期的に記録する事にしました。 とは言え、我が家には温度計も重量物を計る秤もありませんので、あくまで最初は「だいたい」で・・・


焚きつけ開始時刻は18:00
外気温は2~3℃と言ったところでしょうか。

薪1日分

だいたい、このくらいあれば足りるかな?


まずは、細めの薪2本と細切れの建築廃材でスタート。
薪ストーブ炉内


早くストーブ本体を暖めるために、エア全開、灰受け口全開。
フロントも少し開けておきます。

薪ストーブ炉内


18:20
薪ストーブ炉内

だいぶおきが出来ました。

トップの温度も80℃
温度計


大きめの建築廃材と、中割の薪2本を投入。
薪ストーブ炉内


エアは全開のままですが、灰受け口、フロントは閉めました。

ここで私は薪割りへ・・・

20分ほどのつもりが、ケヤキに手こずり、室内へ戻った時には19:00になっていました。

炉内はおきでいっぱい。
エアを絞り巡航運転にします。
薪ストーブ炉内


トップ温度も260℃
温度計




19:15
中割薪2本追加。
火はすぐにまわります。
薪ストーブ炉内


この時、煙突から「カラカラ」っと乾いた音が。
恐らく、煙突内にこびりついた煤が剥がれて落ちる音でしょう。

エアも様子を見て、徐々に絞り加減。


風呂に入り、夕飯を食べ、次に薪を投入したのは20:20

トップ温度は200℃をやや下回るくらい。
温度計



炉内はおきであふれそうです。
薪ストーブ炉内


中割薪を2本追加。



21:40

今夜最後の薪を投入します。

薪ストーブ炉内

炉内はものすごい熱。
熱くて素手では薪を入れられません。

ですが、トップ温度は170℃
薪ストーブ炉内


極太薪1本、太薪1本、中割薪1本を入れて、エアを全開にします。
15分ほどで、トップは250℃に。
エアを最小手前まで絞ります。

薪1日分

残った薪はこれだけ。


その後しばらく起きていて、就寝準備にかかったのが23:25
薪ストーブ炉内

薪はまだしっかりと形を保ています。

温度計

トップの温度も約200℃



この夜の使用量は、
建築廃材が少々
細めの薪が2本、中割薪が7本、太薪が1本、極太薪1本でした。

外気温は就寝時で-2~-3℃程度だったと思います。
12月後半にしては、ちょっと覚えがないくらいに暖かいです。
通常の年ならば、11月半ばから12月頭に掛けての薪の消費量がこのくらいになるのでは、と予想しております。


子どもたちは今夜も布団を跳ね除けていました。
こどもたち



その後、朝方?4時前に起きると、トップ温度は100℃でした。
この時に中割薪2本を投入。
エアをやや開いておくと、朝、子どもたちがおきてくるころでも、家の中は暖かいままです。

テーマ : 薪ストーブ - ジャンル : 趣味・実用

コメント

初めまして

FC2は薪ストーブのブログがあまりないので、gerpikeさんのブログに巡り会えて嬉しいです。開設した時期もほとんど同じですよね。これからも薪ストーブの情報を楽しみにしています。

コメントありがとうございます

>写風人 さん

コメントありがとうございます。
ブログ、以前から拝見させて頂いておりました。

美しく、機知に富んだ写真を多数掲載されている写風人さんのお眼に、携帯で撮ったいい加減画像しか載せていない当ブログがどう映るか・・・

は、はやく引越ダンボールの山からカメラ探さなきゃ!
(腕はどうにもならないが・・・)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

gerpike

Author:gerpike
長野県南部(伊那市)在住。

仕事はITあれこれ。

2006年11月に新居完成、と同時に薪ストーブ生活スタート!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
薪ストーブ関連だったり、そうでなかったり、巡回させていただいているリンク集
このブログをリンクに追加する
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。