スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薪の始末終わり!

11/26

午前中は引越を行い、午後は妻に任せて、子ども達と薪を積みました。

森林組合から購入した、一束400円の楢薪です。
乾燥の程度が心配なので、本当は早めに積んでしまいたかったのですが、結局、1ヶ月ほど野ざらし(ブルーシート掛け)。

昨日積んだ薪に比べ、白っぽく、乾燥度では劣りそう。
50束は家の敷地内に、もう50束は30mほど離れた畑の隅に置いてありました。
とりあえず、薪棚のそばまで運ばないといけません。

畑の方は一輪車を使ったのですが、一度に4~6束ずつしか運べません。
それでも、40~50kg。
意外と重いものです。
しかも、タイヤの空気圧が低く、薪を積むと、ベコンとへこみます。

10往復するのもつらかった・・・

一方、子ども達は・・・

昨日、あれほど喜んでお手伝いしていたのが嘘のようにやる気無し。
終いにはこちらが腹を立てて、追い払ってしまいました。

・・・うれしそうに遊びに飛んでいきましたとも・・・
新居周辺は、市営の団地があり、比較的新しい住宅も多いので、友達がたくさんいます。
旧居周辺は子どもが少なかったので、子ども達は遊びたくて仕方ないようです。

ともかく、日暮れ前にはなんとかしたい。
黙々と積みますが、つらい。
これ、薪関連の労働で一番つらいんじゃなかろうか?
体力的にと言うことではなく、精神的に。

薪、原木集めは狩猟に近く。
薪割りは爽快。

それに比べて、薪積みは「後かたづけ」感が強い。
一人でやってると孤独感が・・・

結局、日が落ちても終わらず、暗い中の作業。
たっぷり遊んで帰ってきた子どもに、ついあたってしまいます。

最後は旧居から荷物を持ってきた妻に手伝ってもらい、なんとか終わらせました。

これ、自分で作った薪なら違うのかな?
達成感と言うか、満足感のようなものがあるものでしょうか。

100束の薪を積めると、7~8割埋まった感じです。
薪棚、薪100束分



買ってきた薪の始末は終わりました。

いよいよ、来シーズン用の薪作りに入ります。



テーマ : 薪ストーブ - ジャンル : 趣味・実用

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

gerpike

Author:gerpike
長野県南部(伊那市)在住。

仕事はITあれこれ。

2006年11月に新居完成、と同時に薪ストーブ生活スタート!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
薪ストーブ関連だったり、そうでなかったり、巡回させていただいているリンク集
このブログをリンクに追加する
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。